ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは、外国で働きながら、他国の文化に触れることができるものとされる。

ワーキングホリデーは、略してワーホリと呼ばれる。

2国間の協定に基ずいて、青年が異なった文化の中で休暇を就労しながら楽しむものである。 ワーキングホリデーを申し込むためには就労ビザが必要になってくる。

日本がワーキングホリデーの協定を結んでいるのは11カ国ある。

一つはオーストラリアである。
一つはニュージーランドである。
一つはカナダである。
一つは韓国である。
一つはフランスである。
一つはドイツである。
一つはイギリスである。
一つはアイルランドである。
一つはデンマークである。
一つは中国である。
一つは香港である。

基本的には英語圏が多く、オーストラリア、ニュージーランド、カナダが人気である。
原則としては一つの国で一生に一回しかワーキングホリデーとして行けない。

ワーキングホリデーの目的としては、広い国際的視野をもった青年の育成を促進することである。 両国間の相互理解や友好関係を良好に保つことも目的の一つである。

青年側の立場に立つと、海外生活を総合的に体験できる場、自分探しの場としても使われている。 ワーキングホリデーは旅、学び、働き、暮らすといった体験が海外で出来るので留学の変わりに使う人もいる。