留学とは

留学とは、自国以外の国に在留し、学術・技芸を学ぶことである。

留学している人を、留学生と呼ぶ。
留学が行われている理由はいくつか存在する。

古来よりヨーロッパでは、学問修行などのために、人間の国をまたいだ移動は盛んに行われていた。
中世の大学発展には、留学が大きく関わっている。
ルネサンス以降では、外国に留学しに行くことで教育は完成するとされていた。
近代では、欧米は教育の完成系として留学するが、日本人は国の代表として、先進の文明を学んでくるもの。

発展途上国の人は留学することで、自国の発展に大きく貢献した。 自国の発展具合と、留学先の発展具合のギャップが大きいほど、自国が発展する。

グローバル化が進むと、先進国から、発展途上国に留学に行くというケースも見られるようになった。 留学は、相互の国を理解するため、文化を学びに行くために行われるようになってきた。

基本的には留学というと語学留学のことを意味することが多い。

留学することで、客観的に自国がどう見られているのか、自国の風土が分かる。

日本が留学先にしている地域は主に、アメリカ、イギリス、ニュージーランドなどの英語留学である。
日本人は英語が対する意識が弱いので、これからは英語留学、英語教育に力を入れる必要がある。