留学の種類

留学というと海外の語学留学のことを想像する人がほとんどだと思う。

留学は、国内、他組織に一定期間在籍して教育を受けることも留学とされている。 国内留学では、都市部の学生が、地方の教育と共に自然体験など、都心では体験できないようなことをする。

自然体験を行うことを、山地留学、官庁などが国内の大学などに派遣されることを、内地留学と呼ぶ。
海外留学にも様々な種類がある。

一つは正規留学と呼ばれるものである。
一つは学術留学と呼ばれるものである。
一つは研修留学と呼ばれるものである。
一つはお稽古留学と呼ばれるものである。
一つはプチ留学と呼ばれるものである。

ワーキングホリデーも海外留学の一つとされている。
基本的には海外に何かを学びに行くことを海外留学と呼んでいる。

高校生、大学生の留学では、海外の姉妹校などと交換留学することがある。 交換留学は、お互いの生徒を交換という形で留学させることである。

留学は、自費で行くものと、どこかから資金をもらって行くものがある。 自費で行くものを、自負留学という。
国が留学の費用を負担する場合は、官費留学と呼ばれる。
財団等による出資の元、留学に行くことを公費留学と呼ぶ。
企業が留学の費用を負担する場合には、社内留学とされる。